« 4月16日(木曜日) | トップページ | 4月18日(土曜日) »

4月17日(金曜日)

417

美しいとは言えない景色。
誰も眺めてくれない雑草。
気が滅入るような空模様。
そんな
だれも気にとめない景色を
浄化する水鏡。
k-m/いつもの公園

« 4月16日(木曜日) | トップページ | 4月18日(土曜日) »

コメント

    自分で撮る時はフィルム時代のクセで見ていても
    全く気にしないのですが、やっぱりデジタルだと
      こういう撮り方もアリなんですね。
       ついつい見逃してます。脱帽。

投稿: ウットマーク | 2009年4月17日 (金) 22時31分

何でも題材にしてしまう能力に魅せられてしまう。
何でもない、どこにでもある風景を一葉の絵にしてしまう。
何なんでしょうね。私が幾ら真似をしようとしても、追いつかない。
見せられた写真で気がつく。
あきらめました。真似しようと。

投稿: まさ | 2009年4月17日 (金) 23時00分

 私もこの様な撮り方を、思いつく筈もありません。
写真て奥が深いんだな~。いろいろと勉強になります。

 そして、いろいろな方向から被写体を見る事に、気が付かされます。
分かってはいるけれど、実際に撮影してる時に、その事に気付いていない自分がここにいます。

投稿: ふみ | 2009年4月17日 (金) 23時54分

本当のこと。って
その向こう側にあるのかな、。

「撮ろう!」という強い気持ちではなく
その場所へ行けば、
何かが待っていてくれている。

最近、そう思うようになりました。

野球場の向こう辺りが気になっていましたが
小さなビーズを身に纏ったわたぼうしが
「撮って」と、言っているようで
動けませんでした。
でも、それでいいんです、

さて。明日は、どこ行こう。

投稿: asuka | 2009年4月18日 (土) 01時31分

最近雨が少ないんで、こういう水溜りがないんですね。

見れば、見るほど、素朴な味がありますね。

そんな、誰も気にとめないような、風景を

誰もが見たくなるように、作品化することが、

流石にレールマンプロですね。

参考になりました。美味しく見させて頂きました。

投稿: デジカメやっちゃん | 2009年4月18日 (土) 16時19分

写真を撮るときは
綺麗な、感動的な写真を撮ろうと思ってしまいますが
そればかりが写真ではないと気付かさせられました。

投稿: 鉄郎の父 | 2009年4月18日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月16日(木曜日) | トップページ | 4月18日(土曜日) »