« いちてつ通信 | トップページ | いちてつ通信 »

12月15日(木曜日)

11_12_15


昨日がしっとりとした黄色ならば、
今日は燃えるような赤。
そう、
目をこらせば、
都会にも自然の色があふれているんだ。

季節感のない街なんて
よくいわれるけど、
見つけられないのではなく、
見ようとしていないだけなのかもしれない。

(総武線/市ヶ谷付近)

« いちてつ通信 | トップページ | いちてつ通信 »

コメント

赤も黄色もきれいですね
四季のある日本にうまれて
幸せですね

投稿: so-shin | 2011年12月15日 (木) 23時11分

まだ紅葉があるんですね。
こちらは明日あたり雪でも降りそうです。
ついに氷点下まで冷えるようになりました。

何処にでも季節感を感じさせるものって、あるんですね。

投稿: 鉄道亭写太郎 | 2011年12月15日 (木) 23時14分

なるほど。
と考えさせられる1鉄でした。

投稿: 321 | 2011年12月15日 (木) 23時44分

うわぁ(゜∇゜)
まさに燃えるような赤 紅 鮮やかな赤
情熱の赤

大きな壺にこの赤い枝を一本投げ入れただけで一枚の絵が完成するみたいです。

投稿: 8620KONI | 2011年12月16日 (金) 00時19分

紅葉のむこうの黄色い電車がいいですね
まだまださがせばありそう
この週末がんばってみたいです
きょうのテレビ留守録して
楽しみにしています

投稿: やま鉄 | 2011年12月16日 (金) 06時47分

 まさにご指摘のとおり、「見ようとしていない」ので、目に入ってこない、目に入ってはいても見たという意識がない、ということと思います。

 有楽町のイチョウは、意識して「ここか」と納得しました。

 イチョウの黄色やモミジの紅色を拝見すると、野山に行くことだけが紅葉観賞ではないことを改めて実感させられました。

 それにしても、紅色、きれいですね!

投稿: Yossy | 2011年12月16日 (金) 07時50分

今年は、赤い紅葉に出会う確率が
低かったのですが、
都心の中で見られるとは…
「灯台もと暗し」とは、
この事ですね

投稿: のむのむ | 2011年12月16日 (金) 07時59分

良い色ですね、本当に町は絵具の宝庫かも。

投稿: tooooru | 2011年12月16日 (金) 08時35分

おっしゃる通りだと思います!都心にも各季節の到来を知るものは身近にあります!空の表情でも既設の移ろいを感じることはできると思います。
今年は秋晴れのスコーンとした青空が少なかったように思われます。

そろそろ市ヶ谷周辺の外堀に渡り鳥がやってくるころかな~
今日は市谷田町のイキツケで忘年会なので、中央線の中から確認してみよう・・・

投稿: ボンクヤ | 2011年12月16日 (金) 09時31分

鮮やかな赤色ですね。都内でも自然があふれてるんですね。再発見です。

投稿: とら | 2011年12月16日 (金) 10時35分

やぁ~凄い真っ赤かですねぇ~。そうですよ。
見えないじゃなく、見ようとしないと見れないんですよね。
こちらでも、市街の森の紅葉が今が旬ですよ。

投稿: デジカメやっちゃん | 2011年12月16日 (金) 10時52分

黄葉から紅葉へ
いい移り変わりですよね
見つけられないのではなく、見ようとしていないだけ・・・
中井さんの言葉が心に響きます

投稿: munixyu | 2011年12月16日 (金) 12時25分

先生の作品は、いつも電車が品良く入れられて居て、全ての方々に好まれる写真ですよね?控え目振りで、より鉄道写真の魅力が引き立つ様に思います!

投稿: 瀬戸60D | 2011年12月20日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いちてつ通信 | トップページ | いちてつ通信 »