« 11月28日(水曜日) | トップページ | いちてつ通信 »

11月29日(木曜日)

121129

風とか。
音とか。
匂いとか。
期待感とか。
ワクワクする気持ちとか。
目に見えないものを
写真に写したい。

写らなくてもいい
感じてもらえる写真を
僕は撮りたい。

(江ノ電/腰越〜鎌倉高校前)


« 11月28日(水曜日) | トップページ | いちてつ通信 »

コメント

写っている物はすべて副題で
そこには見えないものが主題・・・
そんな写真もいいなーと、
つくづく感じました。

投稿: K次 | 2012年11月30日 (金) 01時32分

わーッ江ノ電ですね。しばらく行ってません。七里ガ浜パーキングの外食店も次々変わって。。。。。むかし昔10年前までは、一人でバイクにカメラを背負って(当時はニコンF601でした)七里ガ浜Pで江ノ電やサーファーが大量にプカプカしている海を撮りに行ってました。懐かしい。。。今はない「バーガーキング」のチーズバーガーを頬ばる寸前に鳶に攫われて、トホホなこともありました。年内の平日久しぶりに江ノ電撮り鉄行ってこようかな。今日は高尾登山電鉄&高尾山の紅葉朝7時自宅出発8時着で行って来ました。早起きは三文以上の徳。。。。昼ごろそろそろ帰る頃、登山鉄道上り乗車待ち時間は、な何と2時間だそうです。高尾山の紅葉そろそろ見ごろも終わりになりつつあり。

投稿: かなり遅れて来た鉄男 | 2012年11月30日 (金) 02時44分

冬の波静かな湘南の海をバックに、鳴り始めた踏切の写真。
江ノ電はいろんな車両が走っていますから、何がやってくるのかワクワクしますね。

この場所、海と車両を写しても絵になる場所で、自分もよく通いましたが、
こういう表現の仕方もあるんだなぁ、と思いました。
車両が写っていないほうが見る側もイメージを膨らますことができますね。
素敵です。

投稿: ケイジロウ | 2012年11月30日 (金) 05時30分

この写真から、初めて乗った江ノ電でこの海を見て感動したとき、高校時代この砂浜をランニングしてきつかったこと、結婚してから毎年二人で見るこの海、今ではフォトコンテストの題材に何回も、この海には数え切れない人生の思い出が詰まってますが、この写真がそれを思い出させてくれるきっかけになるいい写真、そんな気がしました。今江ノ電の駅で作品展が開催中ですが、私の作品もあるので来週行く見に予定です。

投稿: 撮り鐵ぴょんちゃん | 2012年11月30日 (金) 07時44分

見えてますよ中井さん
中井さんの一鉄からは空気と言いましょうか、
カメラを構えている中井さんの鼓動を感じます
今日の一鉄では、寒さのなかに潜む小春を探す中井さんが
見えています。

投稿: munixyu | 2012年11月30日 (金) 13時22分

この瞬間・・・
いろんな想像が出来ますね!
ただ、江ノ電が通るかもしれないし
サーファーがボードを持って
現れるかもしれないし
女子高生があわてた踏切を渡る光景とか・・・

投稿: のむのむ | 2012年11月30日 (金) 17時07分

この踏切、いろいろ切り取ろうと頑張ったいました。
でも、まず、想い、つぎにきらくにぱちり、
そこから、想いを試行錯誤。

想い、強い想い、衝動、それを生かす技。
心より出もの、いつかは通ず。

先生のコメント、うるっときました。

さあて、これが組写真に生きるか・・・・・。

投稿: いしかわ | 2012年11月30日 (金) 22時53分

この景色いいですね。癒されます。

投稿: hiromit | 2012年11月30日 (金) 23時31分

前に家の旦那が「風とか空気とか動きを感じられるなら
動画を取ればいいじゃないか」と言ったのですが
「静止画で光の動きや風を感じることが いいんだよ、そういう写真を撮りたい、一瞬を切り取りたいんだよ」と私は言いました。

旦那「そうか・・」

先生の本と出会って こちらのブログにあえて 本当によかった。
先生の本と出会えなかったら もう写真は止めてたかもしれません。
色々趣味をかじっては ある程度が来ると止めてた私 家族にも
「ママはどうせ長続きしないんだから」とよく言われてました。
続いてるのは ビーズアクセとネットと写真だけ(どんだけ色々手を出したのか 笑)

先生の本は今は 首都圏近郊に住んでいる長男の手元です。
先生の本とであって「ああ そうか 私の写真でいいんだ」と思った所で
世界が1つ広がりました。
列車の写真ではないのですが ロンジンのコンテストで特別賞10名の中に入りました。
メールをいただいた時は 驚きました!952通も応募があったそうです。
知らなかったのですが 意外に(ロンジンごめんなさい)大きなコンテストで
驚きました。たまたま見てたサイトで横バナーにあったので出してみたのです。
これも先生の本とこちらのブログに出会ったおかげだと思っています。
先生に出会えたこと とても感謝しています。

話しは違いますが いっと6県は首都圏でしか放送されてないんですね、
ちょっと残念です。いくら新聞を探しても 番組が無いはずだわ・・・

いつか列車の写真で 賞を取るぞ!(笑)
10年来のネッ友さんに「鉄オタはハイレベルですよ!笑」
と言われつつ。

投稿: yuまま | 2012年12月 1日 (土) 00時09分

中井さんの写真は匂いを感じます。少し色が被ってる感じの写真とか。本当は埃っぽい季節でもうっすらとピンクだと甘く感じたりします。都内だと場所によってはドブくさいところもたくさんあると思いますが、実際の匂いのイメージではなくともロマンチックになれます。そうするとカタカタン、カンカンカンと音も聞こえてきそうな気分になれます。

投稿: ibuki | 2012年12月 1日 (土) 18時58分

この時期、海や空の青を鮮やかに撮るのって難しくないですか?海の波風を背景に遮断機が降りる瞬間!電車が来ると言う期待と遮断機が降りた緊迫感、それをいつもジーッと見詰める海。それぞれのリズムが奏でる空気感が、江ノ電の臨場感なんですね?

投稿: 瀬戸60D | 2012年12月 1日 (土) 21時39分


踏み切が閉まる時の、ワクワク感!いいですね!

投稿: ja8190 | 2012年12月18日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月28日(水曜日) | トップページ | いちてつ通信 »