« 4月3日(水曜日) | トップページ | 4月5日(金曜日) »

4月4日(木曜日)

130404_2

今日からいよいよ南リアス線は
通常運行を開始。
輝く海をバックに
一番列車のシルエットが
浮かびあがります。

でも
その美しい光景のなかに
垣間見えたのは、
一番列車にして
ほとんど乗客が乗っていないという
厳しい現実。

一年後、全線復旧したとき、
この三陸鉄道の本当の戦いが
はじまるのかもしれません。

僕たち鉄道ファンは
そのすべてをふまえたうえで
末永くこの奇跡の鉄道を
見守っていきたいですね。

(南リアス線/三陸〜甫嶺)

« 4月3日(水曜日) | トップページ | 4月5日(金曜日) »

コメント

5月の連休は、三鉄に乗り鉄で!決まり!全員集合!

投稿: 福田光昭  | 2013年4月 4日 (木) 21時26分

中井先生、本日はご乗車ありがとうございました。
たくさんの方々に支えられ、ここまで頑張ることができました。
私自身、昨日の光景は一生忘れません。
車両や線路は新しくなりましたが
沿線の人達の心は変わっていませんでした。
私は自分なりのやり方で
この鉄道をしっかり守っていきたいと思います。

投稿: 南リアスの運転士 | 2013年4月 4日 (木) 21時31分

中井先生、素敵な写真ですね。
朝一の風景は綺麗ですが同時に現実も見なければならないですよね。

あと、
ニコンカレッジではお世話になりました。
人に喜ばれる写真を撮れるように頑張って行きます。

いつも素敵な写真をありがとうございます!

投稿: 野村哲也 | 2013年4月 4日 (木) 21時54分

そういえば
今日やっていたNHKの朝の連続ドラマでも
フィクションですけど
三鉄を模したローカル線が
1両の列車に5〜6人しか乗っていない等の
セリフがありました
三陸を舞台にしたこの
毎日やってる15分のドラマにも
注目したいです

投稿: Hitoshi | 2013年4月 4日 (木) 22時07分

東北の海はきれいですね。感動です。

三陸鉄道を見守っていく事、確かにそうだと思いました。

投稿: 東京鉄 | 2013年4月 4日 (木) 22時26分

午前5時までいた先生の愛車が、6時前には、ありませんでした。一番列車を撮りに行かれたんですね。
 北リアス線は、残念ながら、かなり閑古鳥が鳴いています。でも、来年は全線開通、「あまちゃん」効果もあるかもしれません。しかし、それ以降が本当の勝負だと思います。
本当に、多くの人達の支援で、再開できた鉄道。地元の人達が、どこまで守れるかだと思います。
 微力ながら、オイラは撮り続け、乗り続けます。

投稿: koshi | 2013年4月 4日 (木) 22時58分


鉄道を存続させるために僕たちができることは

電車に乗ることですよね。

とにかく乗る。

自分一人が乗ったって何も変わらないなんて思っちゃいけない

車で郊外のショッピングセンターばかり行かないで、

たまには駅近の商店街でもぶらりしてみる心の余裕が日本には欲しいです。

投稿: orange | 2013年4月 4日 (木) 23時36分

ローカル線は地元住民の重要な足です。
今朝の連ドラでの杉本哲太のセリフ
「一人でも乗客がいれば、確実に運行させる」
三鉄マンの心意気の代弁でしょう。
まさに、その光景ですね。
アベノミクスが中曽根+小泉政策になると、地方人口はまた減少してしまう。
かと言って、我々のような壮年が移住するには厳しい。
できることは、観光客として乗りに行くくらいなのか?
厳しい現実は、我々自身の問題でもありますね。

投稿: Pengest | 2013年4月 5日 (金) 02時38分

通常運行再開を祝福するかのような光ですね。
殆どの方の暮らしが元に戻っていない状況の中、
仰る通り、これからが真の勝負なのでしょう。
しかし、あの悪夢から復活を遂げた実行力、きっと乗り越えてくれるでしょう。

NHKの朝ドラで観光客増えると良いですね。

投稿: パパカメラ | 2013年4月 5日 (金) 03時09分

先生の写真やNHK連ドラで注目は集まってきている。
その目をずっと引き付けるにはやはり日本を地球をきれいにしていくしかないのかな。
GWは三陸鉄道に集合したいですね。乗って、食べて、撮る。
行ってみっか~!?

投稿: KOINOBORI | 2013年4月 5日 (金) 06時25分

かつてないほどの巨額の税金、浄財を投入して復旧させるべきだったのかどうか。
いまなお多くの方々が不自由な生活を強いられていることを思うと
復興の象徴として祭り上げられているような気がしないでもありません。
地元の人達の大切な足であることはわかるのですが、鉄道への愛着だけでなく
運行すればするほど赤字が膨らむ現実に目を向けなければならないでしょう。
将来、かえって地元の方たちが苦しむようなことにはなってほしくはないと強く願います。
中井さんが自分でできる範囲で三鉄を応援しようとする思いは伝わってきます。
鉄道ファンを含め、皆で三鉄を支援していきたいものですね。

投稿: ぺんた | 2013年4月 5日 (金) 09時38分

三陸で写真合宿できあにですかね??

投稿: しばちゃん | 2013年4月 5日 (金) 11時21分

いまから、これからなんだと思います
簡単にはいかないんだろうけど列車が走っている限り
必ず人は集まってくるんだと信じています
頑張れ南リアス線!

投稿: munixyu | 2013年4月 5日 (金) 18時18分

報道によれば、部分復旧ゆえに施設面等が不充分で
需要に即したダイヤが十分に組めない、といった苦悩があるようですね。
沿線の学校の部活動の朝練や課外授業に間に合わせられないとか…。

それでも、三陸鉄道が沿線の足として頼もしく走り続けること、
それは、いまなお先が見えないほかの不通各線の行く末にも関わります。
沿線に暮らす人のためのネットワークが復旧すること。
それは震災前のそれとは完全に同じものではないのかもしれないけど、
それでも、三陸鉄道が先に立ち上がることは、確かな意義を持っているのだと
私は思うのです。

投稿: タンク☆マン | 2013年4月 6日 (土) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月3日(水曜日) | トップページ | 4月5日(金曜日) »