« 「1日1鉄!カレンダー2017」 発売決定! | トップページ | 10月29日(土曜日) »

10月28日(金曜日)

161028_01

この風景に出会うために僕は生きてきたのかもしれない。
そんな風に思える被写体に出会いました。
宿泊していたウイーンから、どうしてもここに行きたくて
ちょっと(かなり)足を伸ばして訪ねたのは
ハンガリーのバラトンフェニヴェシュから
ショモジセントパール駅までを結ぶ軌間760mmの軽便鉄道です。
年代的に撮影が難しかった
頸城鉄道や沼尻鉄道などの軽便鉄道にあこがれていた僕にとって
まさに夢がかなったような瞬間でした。
観光用でも、産業用でもない
純粋に人を運ぶための軽便鉄道で
ここまで雰囲気のある路線は
他にはもうないのではないでしょうか。
まさに最後の軽便鉄道だと感じました。
夕暮れの線路に、
車内のストーブの煙を吐きながら走ってくる客車列車を見たとき
恥ずかしながら、感動してひとり泣いてしまいました。

大人になるとなかなかそんなこと思わないけれど
生きていてよかったと
素直に思った出会いになりました。

(ショモジセントパール線)
※正式名称ではありません。


161028_02

I was born to meet this view.
When I saw this object,I could thought that.

Because I want to go here by any means.
So,I quite extended journey to a 760mm narrow-gauge railway which connects between Balatonfenyves and Somogyszentpál in Hungary from Vienna where I stayed.

It is the moment of dream coming true for me who hanker for narrow gauge-railway.
Because Kubiki-tetsudo,Sawajiri tetsudo and so on,they are Japanese narrow-gauge railway,had been wasted when I became discreet.

I suppose that it is the only narrow-gauge railway which has nice atmosphere for purely transporting people,not for tourists or industrial objects.
I thought that it is the very last narrow-gauge in the world.

When I saw the railway carriage which was running on the rail with exhaust in the evening darkness,it's embarrassing,but I was very moved to tears by the scene.

I could genuinely thought "This is my life.This is my reason for living".
I don't think that as usual in adulthood.
It was an extremely good encounter for me.

« 「1日1鉄!カレンダー2017」 発売決定! | トップページ | 10月29日(土曜日) »

コメント

生命感のある不思議な電車ですね。

投稿: munixyu | 2016年10月29日 (土) 11時42分

ムフッ、いつもの公園に池周回させるヤツを作ってもらいましょう。角栄先生を持ち上げるほどに公共工事ブームですから(^_^)

投稿: ライアン二等兵 | 2016年10月29日 (土) 17時16分

こんな景色が日本でも見られたんでしょうか。
是非一度行ってみたいです。

今日の一鉄英訳に挑戦です。

I was born to meet this view.
When I saw this object,I could thought that.

Because I want to go here by any means.
So,I quite extended journey to a 760mm narrow-gauge railway which connects between Balatonfenyves and Somogyszentpál in Hungary from Vienna where I stayed.

It is the moment of dream coming true for me who hanker for narrow gauge-railway.
Because Kubiki-tetsudo,Sawajiri tetsudo and so on,they are Japanese narrow-gauge railway,had been wasted when I became discreet.

I suppose that it is the only narrow-gauge railway which has nice atmosphere for purely transporting people,not for tourists or industrial objects.
I thought that it is the very last narrow-gauge in the world.

When I saw the railway carriage which was running on the rail with exhaust in the evening darkness,it's embarrassing,but I was very moved to tears by the scene.

I could genuinely thought "This is my life.This is my reason for living".
I don't think that as usual in adulthood.
It was an extremely good encounter for me.

投稿: kou-saki | 2016年10月29日 (土) 18時07分

素晴らしい1枚ですね。
思わず涙する…羨ましいです。
私もいつかそんな風景に出逢えたらと思います。

投稿: 天音 | 2016年10月29日 (土) 18時18分

とってもフレンドリーな
いち鉄ですね‼
お馬さんどこから来たのかな?

投稿: trainやま | 2016年10月29日 (土) 19時23分

奇跡のような光景で、しかも軽便鉄道が残されているとは驚きです。これほど胸にくるシーンはありません。
写真から伝わる空気感をすべて受け止めたいと思います。

投稿: 夢野 旅人 | 2016年10月30日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「1日1鉄!カレンダー2017」 発売決定! | トップページ | 10月29日(土曜日) »