« 【イベントのお知らせ】相鉄100周年記念フォトフェスティバルin車両センター | トップページ | 10月2日(月曜日) »

10月1日(日曜日)

1701001_01

今日はバラトンフェニベシュ産業鉄道の
始発列車に乗車。
出発は早朝5:25発と早いのに
乗客は僕たちだけ。
観光資源もなく
乗客もほとんど見かけないこの鉄道。
失礼とは知りつつ
車掌さんにこの鉄道は何のために走っているのか聞くと
「乗る人がいるからさ」と一言。
うん、原点だよなぁ。
おとぎの世界を走るような始発列車。
確かに数人のお客を乗せて
ゆっくりと、力強く
走っていました。
何もかもが高速化されている現代
この奇跡のような鉄道が
ずっとずっと走り続けて欲しいと
切に思いました。

(車内/バラトンフェニベシュ〜Imremajor)

171001_02

I caught the first train of Balatonfenyves narrow-gauge railway today.
The departure time is 5:25 but passengers were not witout us.
There is no tourist attractions around railway and few passengers who use the railway.
Excuse me,but I asked the conductor why the train runs.
He answered simply "We have passengers."

I see,it is the starting point of service.

Acturelly,the first train which seems running in the dream world picked up some passengers and runs gently and powerfully.
I really hope that the miracle will be able to train keep running forever in this era when everything towards High-Speed.

« 【イベントのお知らせ】相鉄100周年記念フォトフェスティバルin車両センター | トップページ | 10月2日(月曜日) »

コメント

乗る人がいるからさ!
誰かのために走るて
ステキだな
のんびり心の
ふれあいを
しないとね

投稿: trainやま | 2017年10月 2日 (月) 06時53分

素敵ですね。
乗ってみたいです。
てつたび で放送してほしいくらい。
周辺の人々 どんな暮らしなのか
チョッと 気になります。

投稿: 広島っ子 | 2017年10月 2日 (月) 10時02分

人がいないのが、さらにいいですよね。
ひっそりと静かに。

投稿: munixyu | 2017年10月 2日 (月) 10時17分

"お客がいる限り続ける"言うのは簡単ですが、なかなかできないことですね。
その思いがいつまでも続きますように。
その思いが少しでも伝わりますように。今日の一鉄英訳に挑戦です。
I caught the first train of Balatonfenyves narrow-gauge railway today.
The departure time is 5:25 but passengers were not witout us.
There is no tourist attractions around railway and few passengers who use the railway.
Excuse me,but I asked the conductor why the train runs.
He answered simply "We have passengers."

I see,it is the starting point of service.

Acturelly,the first train which seems running in the dream world picked up some passengers and runs gently and powerfully.
I really hope that the miracle will be able to train keep running forever in this era when everything towards High-Speed.

投稿: kou-saki | 2017年10月 2日 (月) 20時05分

こんな鉄道風景があったなんて。
ずっと見ていると、高速化なんてなんで必要なのか?と思ってしまうくらい。
速くたくさんの人を運ぶこと、1人でも人を運ぶこと、原点は、不思議と同じですね。

投稿: ぎんぐカズ | 2017年10月 2日 (月) 20時37分

 バラトン湖の近くに、こんな鉄道があったんですね。知りませんでした。まさにメルヘンの世界です。
 ブダペストにお寄りになることがあったら是非「子ども鉄道」もお願いします。先生の手にかかれば、きっと新しい世界が見えてくるのでは・・・・。

投稿: 先生と同じ苗字のものです | 2017年10月 2日 (月) 22時22分

飽きない鉄道写真。深みを感じます。
てつたびで伊豆急沿線のムーンロードの撮影に成功した写真に感動していた矢先に、こちらもすごい作品だと思います。感動させていただきありがとうございました。

投稿: 夢野旅人 | 2017年10月 2日 (月) 23時09分

いつまでも残ってほしいですね~。喧噪の都会から別の世界へ飛び込んで気持ちを癒すことはいいことだと思います。障害を持っている人たちが喜ぶためにあるのではないかと思います。(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: popeye | 2017年10月 3日 (火) 00時47分

一体何が起こっているんでしょう!、空の星が鮮明!、ピンは正面の列車にあるようだ!、しかし周辺の木々が異常にボケている! と、しばらく走行中の客車からの撮影だと分かりませんでした。

二枚目は、どこかで見た風景ですね。いすみ鉄道のブログを覗くとウェディング列車なんて話題が! どこへ行っても熱烈な鉄ちゃんがローカルを支えているということでしょう。

このボケ方!、巨匠の秘密兵器「FE 85mm F1.4 GM」ですね!

投稿: ライアン二等兵 | 2017年10月 3日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【イベントのお知らせ】相鉄100周年記念フォトフェスティバルin車両センター | トップページ | 10月2日(月曜日) »