« 1月3日(水曜日) | トップページ | 1月5日(金曜日) »

1月4日(木曜日)

180104

懐かしい無蓋車のある風景。
鉱石を運ぶ通称「安中貨物」には
たまに屋根のない無蓋車トキ25000が連結されます。
昔はどこでも見られた車両ですが、
今となっては貴重な存在なのです。
せっかくなので
貨物全盛時代のように
モノクロで、パチり。

(いつもの公園)

I miss the scenery of open freight car.
The mineral freight cars,we call it "Yasunaka Kamotsu",sometimes conecrance open freight cars "Toki 25000".
When I was young,you can see it anywhere.
However,it's rare cars now.
So,I took the photo of it in black-and-white as freight car's golden days.

« 1月3日(水曜日) | トップページ | 1月5日(金曜日) »

コメント

小学生の時に見たような気がしますが、懐かしく感じるので見たと思います。今でも走っているのですか?クグッテみると小名浜駅からいろんな路線を走って安中駅へたどり着くわけですね。勉強になりました。(  ̄^ ̄)ゞラジャ

投稿: popeye | 2018年1月 5日 (金) 00時04分

自分は見たことない車両です。
色々歴史があるんですね。

今日の一鉄英訳に挑戦です。
I miss the scenery of open freight car.
The mineral freight cars,we call it "Yasunaka Kamotsu",sometimes conecrance open freight cars "Toki 25000".
When I was young,you can see it anywhere.
However,it's rare cars now.
So,I took the photo of it in black-and-white as freight car's golden days.

投稿: kou-saki | 2018年1月 5日 (金) 02時09分

とてもとても貨物全盛時代の昭和を感じますね〜
時代にそぐわないかもしれないけれど、貴重な存在だけに、ずっと走り続けて欲しいです。
こちらの地元も通過していくので、今度しみじみ見てみようかな^_^

投稿: ぎんぐカズ | 2018年1月 5日 (金) 02時51分

この画を見てまず思ったことは、巨匠の思いとは裏腹に、見事で繊細な骨骨の木枝がとても美しかったことです。目が行って、離れませんでした。で思考の流れは以下の曲に流れていきます。あのS&Gの「冬の散歩道」です。

聞いてください ヽ(´▽`)/

ttp://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-1994.html

投稿: ライアン二等兵 | 2018年1月 5日 (金) 07時00分

無葢車あまり見かけませんね
普段見かけない貨物を見ると
わくわくしますね
自分はタキ1000形が好きです

投稿: trainやま | 2018年1月 5日 (金) 07時03分

モノクロは 風情がありますね。
古き良き時代を 感じます。

投稿: 広島っ子 | 2018年1月 5日 (金) 09時10分

屋根なし貨物、そういえば見ないですね。
いつの間にかなくなっていくのは、寂しいものです。

投稿: munixyu | 2018年1月 5日 (金) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月3日(水曜日) | トップページ | 1月5日(金曜日) »